ボヘミアンラプソディを見てきました

ボヘミアンラプソディ エンタメ

 

 

こんにちは!

 

ももたブログです。

 

先日、

映画「ボヘミアンラプソディ」を見に行って参りました。

 

何を隠そう

私はクイーンの大ファンなのです。

 

現在22歳ですが、

中学3年生のころに好きになって

今でもずっと好きなバンド。

 

2014年のサマーソニックも一人で見に行きましたし(当時高校3年生)

2016年の武道館ライブも3日間中2日見にいっています。

 

とにかく

中学生のころの私は

フレディの姿、そして楽曲、声を聞いて

一瞬で惚れてしまったのでした。

 

クイーンが好きすぎて

英語も頑張ったし、

イギリスにも行きました。

 

フレディが当時住んでいた家(今は観光名所として残されている)

に行ったり、

ブライアンメイが卒業した大学なんかも行きました。

 

クイーンがきっかけで、死ぬほど音楽を聴くようになりました。

 

その時までは、

日本のいわゆるポップスを聞いていましたが

クイーンを聞いて

この世の中にはたくさんの音楽であふれていること

めちゃめちゃ歌がうまい人がいること

ライブでの演奏・歌がうまくて、観客と一体化しているバンドがあるんだということを知りました。

 

それからは、

同じイギリスのバンド

ビートルズやザフー、ストーンズ、ピストルズ、ツェッペリンを聞きだし

クリムゾン、ピンクフロイド、EL&P、イエスなどのプログレから

アイアンメイデンやデフレパードなどHR/HMも

そしてクイーンを尊敬しているバンドとして

ガンズやニルヴァーナも聞きました。

というか勉強しましたね。

 

それぐらい、クイーンというバンドは私にとって思い入れが深いバンドなのです。

 

 

前置きが長くなりましたが

映画の感想を書いていきます~!

 

ちなみに

映画の公式サイトはこちらです。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』オフィシャルサイト
映画『ボヘミアン・ラプソディ』オフィシャルサイト。2019年4月17日(水)ブルーレイ/DVDリリース&デジタル配信スタート。熱狂!感涙!喝采!!伝説のバンド<クイーン>の感動の物語。魂に響くラスト21分—— 俺たちは永遠になる。

 

 

 

ボヘミアンラプソディを見た感想

 

私は、涙腺がバグってしまったので

まさかの開始0秒で泣く事案が発生!

 

これは自分でもよくわかりません。(笑)

かなり前からこの映画を作るということが知らされていて

監督が変わったり、フレディ役の俳優さんが降板したりと

制作にものすごく時間がかかって

やっと見ることが出来たからでしょうか、

ただ単に、最初にかかった「Somebody to Love」が美しかったからでしょうか

自分でも理由は分かりませんでしたが

泣いてしまいました。

 

クイーンの歌には特別な力が宿っているようですね。

 

 

また

映画が始まる前の

20世紀フォックスの音楽は、ブライアンメイのギター演奏だそうですよ!

というかファンならすぐにピンと来ると思います。

 

ブライアンメイのオリジナルギター・レッドスペシャルの音色が響き渡りました。

こんなところにまでこだわりを見せてくれてありがたいです。

 

 

さて、

映画の内容ですが

クイーンというバンドよりも

フレディという人間に焦点を当てています。

 

彼のセクシャルマイノリティや

エイズのこと

周りの人間との関係など

繊細に描かれています。

 

それは劇場で見ていただいて

いろいろあったにも関わらず、

バンドメンバー、元恋人等の関係が

完全に壊れずに、ずっと続いていくのは、

やはりフレディの人柄、人間がいいからだろうなと

ひしひしと感じました。

 

フレディに感情移入していくとどんどん涙の量も増していきますwww

 

また、役者陣もすごすぎる。

クイーンの素晴らしさ、フレディの素晴らしさを語ってますが

それを再現してくださった

俳優の皆さん、ありがとうございます。

 

フレディの立ち居振る舞い、

なかなか真似できるような動きではありませんが

ラミ・マレックさん、すごいです。

かなりの努力の量がうかがえます(すごい上からで申し訳ない)

 

そしてブライアンメイ役のグウィリム・リーさん

まじで本人でした。

話し方、声までもそっくりってすごすぎないですかねぇ。

もちろん、ロジャー、ジョンも似ていましたが

フレディ、ブライアンの役の2人のすごさは半端ないです。

 

 

 

 

そして

ラストのライブエイドの再現。

みなさんラスト20分が!ラスト20分が!という声をたくさん聞いていて

すごい期待していたんですけど

めちゃめちゃよかった。

 

IMAXで見たのですが、

私も大衆の中に混じってクイーンを見ているかのような

臨場感たっぷりの音でした。

しかも画質もめっちゃいい!!!!!

 

普通にライブ会場と間違えるぐらいだったので

クイーンの曲でノリノリになって、リズム取り始めちゃった。。。(笑)

そして、歌を一緒に口ずさみ、

「Radio Ga Ga」ではおなじみの振り付けをやってしまう一歩手前まで

体がうずき始めました。

 

もうもはや、この場面を見るためだけに

お金払ってもいいですね。

 

ライブエイドでの完璧なパフォーマンス、

それまでの紆余曲折やフレディの葛藤を考えると

また違った目線で見ることができます。

 

実際に、事実としては知っていたことでしたが

映画を見るとやっぱり違いますな。感情移入の度合いが。

 

 

家に帰ったら

貴方もライブエイドを見たくなるでしょう。。。

 

そして改めて

フレディマーキュリーのすごさ、そして

クイーンのすごさを身に染みて感じるでしょう。。。

 

劇場には、若い方々も多く

クイーンは全世代共通のバンドだと再確認させられます。

 

またこの映画を見て

クイーンのファンになる方も多いと思います。

 

クイーンについて少ししか知らない!有名な曲しかしらない!

それでいいんですよ。

知っていも知らなくてもクイーンという偉大なバンド

フレディという絶対的なカリスマを感じに是非劇場へ。

 

 

宣伝を頼まれているわけでも何でもないですが、

私はクイーンの素晴らしさを若い人に伝えたいという一心で

これを書いております。

 

臨場感を楽しむため、

クイーンの楽曲を楽しむためにも劇場で見たほうがいいですよ!

 

DVDになってから!はもったいないです。まじで。

時間があれば見に行きましょ!

 

そして

この映画をきっかけに

全世界クイーンブームを巻き起こしております。

 

実際

クイーンの楽曲がチャートインしまくっているみたいです。

 

是非この機会に

サウンドトラックも聞いてみてくださいね!

 

 

 

ちなみに

ボヘミアンラプソディが入っているアルバムはこちら。

A Night at the Operaという4番目のアルバムです。

 

 

 

私は、この中のThe Prophet’s Songが大好きです。

4人の(いや、3人だけど。。。)のコーラスがもはや念仏のように脳内に広がります。

クセになる楽曲。

 

 

そしてクイーンが再生した

奇跡のライブ

「ライブエイド」はこちらからどうぞ!

 

Live Aid [DVD] [Import]【中古】

 

クイーンを語りたくなってしまったので

また素晴らしさは別の記事に書きたいと思います!

それでは!

 

★関連記事

アメトーーク「ミスチル芸人」、ミスチルオススメアルバム

【祝・放送】アメトーーク・ミスチル芸人のまとめ
アメトーークで「ミスチル芸人」が放送されましたが、その放送のまとめや、私個人が思うミスターチルドレンのベストアルバムを紹介しています。

 

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました