現地人から聞いたブルネイのお土産

ブルネイ アジア

 

 

こんにちは!

 

ももたブログです。

 

今回は

ブルネイに住んでいる現地の方から

直接聞いたブルネイのお土と

個人的にオススメなブルネイのお土産を紹介します。

 

 

ブルネイ関連の記事はこちらからどうぞ!

 

 

現地人から聞いた定番ブルネイ土産

 

私は

カウチサーフィンという現地の人と

交流できるアプリでブルネイ人と一緒に会い、夕飯を食べました。

 

その時、ブルネイのお土産が欲しかったので

その人に定番のお土産は何なのか聞いてみました。

 

 

すると

「jong sarat」(たぶん呼び方は「ジョン サラ」)

という布製品だという。

 

 

しかし

この布製品、高いです。

 

そのためちょっと、節約したい・・・でもブルネイに来たからにはお土産が欲しい

という方にとっての最適案がこちら。

 

 

ブルネイのお土産

「Jong Sarat」がフレームの中に入れられており

飾られています。

また、写真は昔のブルネイの水上集落(カンポンアイール)が挿入されており

ブルネイらしいお土産に仕上がっています。

 

部屋に飾ればいつでも

ブルネイのことを思い出せますね。

 

 

 

 

 

独断と偏見で選ぶブルネイ土産

 

ここからは

私の独断と偏見でブルネイのお土産を選んでいきますよ!

 

 

テングザル雑貨

 

ブルネイではテングザルが有名です。

ちょっとボートで奥地まで行くと野生のテングザルが見られるそう。

 

そのため、ブルネイでは「テングザル推し」をしています。

 

 

雑貨(ポストカード、写真、マグネットなどなど)や

ぬいぐるみがあるので

後述するモールで探してみてくださいね!

 

ブルネイの国旗のステッカーなど結構売っていました。

 

ブルネイの国旗は

黄色と赤が使われており

そして手のイラストが使われていて

奇妙なデザインです。

 

 

個人的にはちょっと不気味な感じがして好きです。

 

 

ドライフルーツ

やはり南国にあるので、フルーツはかかせません。

(ブルネイはボルネオ島に位置しています)

ブルネイの基本情報

 

ドライフルーツなら日持ちしますし

比較的安価ですし

バラマキお土産として最適。

 

ブルネイのお土産というよりは

南国の島、全体的に言えることなのですが

そこまで特有の食べ物がないのでいたし方ないことではあると思います。

 

スーパーで購入が無難。

 

 

 

 

 

ブルネイのお土産が買える場所

ロイヤルレガリアミュージアム

ロイヤルレガリアというミュージアムが

ブルネイの首都バンダルスリブガワンの中心地にあります。

 

ロイヤルレガリア

そこは

無料で入ることができるお得なミュージアム。

 

そこには王室の歴史などのきらびやかな展示があり

そしてミュージアムショップも併設されているんですね・・・!

 

そのショップは

ミュージアムのお土産というより

ブルネイのお土産(雑貨)が結構そろっているのでオススメです。

定番のポストカード、マグネット、キーホルダーなんか

割とかわいいデザインのものが揃っていて見るのも楽しいです。

 

ロイヤルレガリアは見ごたえたっぷりですし

定番の観光地なので

観光するついでにショップに立ち寄ってみてくださいね。

 

私はここでブルネイマグネットをゲットしました~!

またモスクが映っているポストカードも購入!

 

 

ショッピングモール「ヤヤサンSHHBコンプレックス」

ここはバンダルスリブガワンの中心地にある

アクセスがいいショッピングモールです。

 

中心地のオールドモスクから目と鼻の先。

 

ここは次に紹介するショッピングモールと比べて

結構さびれていますが(中心にあるのに・・・!)

 

1階には雑貨が売られています。

そこで私は、先ほど申し上げた

ジョンサラのお土産と

他にカードを購入!

 

 

 

 

ショッピングモール「ザ・モール」

 

ここは、中心地から少し離れています。

ニューモスク(ジャーミーモスク)の近くにあるモールで

こちらはめちゃめちゃ盛り上がりがすごいです。

 

たくさんのブルネイの現地の方が訪れていました。

フードコートもありますし

スーパーもあるので安く食品を買いたい方にはオススメですよ!

 

もちろんお土産も買うことができます。

 

ニューモスクへ行かれる際は

こちらのモールによってお土産探しがいいですね♪

 

中心地から「1番」のバスに乗ると到着します。

 

ニューモスクへの行き方は

こちらの記事で解説しています。

ニューモスクの手前にショッピングモールがありますので

同じ手順で1番バスに乗って、モール前で降りましょう!

モール前は現地の人も結構降りるので分かりやすいかと思います。

 

 

以上です!

 

ブルネイにはなかなか特有のものがないですし

情報も少ないので

調べるものも大変かと思いますが

少しでも参考になれば幸いです。

 

お読みいただきありがとうございました!

 

ちなみに

カウチサーフィンとはなんぞや?

と思っている人はこちらの記事をお読みください!

カウチサーフィン使い方完全マニュアル
カウチサーフィンの完全使い方マニュアルです。日本にいて国際交流したいときにも、海外で泊まるところを探すのにも使えます。ちょっとした裏技公開中。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました