八十八ヶ所巡礼【日本】ディスクレビュー

八十八ヶ所巡礼 日本 ディスクレビュー

 

 

こんにちは!

 

ももたブログです。

 

今回はこのアルバム

八十八ヶ所巡礼のアルバム「日本」

をレビューしていきたいと思います。

 

ちなみに

八十八ヶ所巡礼の全アルバムを比較した記事はこちら

ミニアルバム、DVDについてはこちらの記事をご覧ください。

 

 

このアルバム「日本」は

歴代のアルバムの中で一番ポップに仕上がったものなのではないかな

という印象です。

 

アクの強い八十八ヶ所巡礼が好みの人は少し物足りなく感じることはあるかもしれませんが

最後の「脳がとろける街」は傑作なので

 

 

やっぱり物足りなくなかったです。

すぐに発言撤回です。すみません。

 

 

それでは行きましょう。

 

購入はこちらから。

 

ジャケ、やっぱ冷静に見ると気持ち悪いなw

谷口さん万歳!

 

 

日本

 

 

0.prologue

ギターのカツヤさん作曲。

不穏な幕開けの曲。

 

これからどんなアルバムがはじまるんだろう・・・って

聞く人に思わせる、そんな曲。

 

 

 

1.亡月亡日

インストの曲。

prologueから一変バキバキの演奏。

88らしい。

 

これ、ライブの一発目にやるとやけに興奮しますな。

 

ギターのタッピングもギラギラしていて最高

そしてベースがうねる。

 

ベースの速弾きもこの曲の聞き所ですね。

ライブに行ったら是非指の動き確認してみて。

 

 

2.絶妙Σ

はい、これはMV化されているので

是非チェックしてみましょう!


やけにポップというか

変拍子もなく、

88ビギナーには入りやすい曲かな、と。

 

ライブで聞くと、

最後のサビ前のけんぞーさんのドラムが最高に

イカしているので

みなさんもライブ行くべき。

 

3.奇天烈レジャ~

 

ちょいとラップ調な、珍しい一曲。

 

「B級の社交場」と

「永久の射幸場」の韻の踏み方が最高に好き。

 

 

 

 

4.銀河の恥・・・

 

途中のマガレさんの雄たけびがいいですね。

雄たけびあげているときのベースラインのうねりが最強です。

 

やっぱりカツヤさんのギターは

スペーシーな空間を作りますね。

 

宇宙系の曲と

カツヤさんのギターの音色、親和性高い・・・

 

 

 

 

5.大安ナイト

これはまじでライブでやらない曲です!

聞けたらラッキー。

 

お祭り感が漂う軽快な歌。

けんぞーさんのドラムも軽い感じのノリで最高ですね。

最初はドロドロした感じなのに。

 

ある意味八十八ヶ所巡礼っぽくなく明るくポップな感じがいいですね。

 

 

 

 

6.幽星より愛を込めて

 

最初からギラギラのギターが好き。

 

今、改めてこの曲の歌詞を見てみると

「大体凍る街で震えてて」

とか

「心まで凍り狂わせ」

とか、次作「凍狂」につながるようなフレーズが入ってるんですよね!

 

面白い。

 

この作品から、次の作品まで3年も空いてますし

完全につながっているわけではないですが。

 

 

7.ウルトラ・ヘヴン

 

明るいんだけどどことなく切ない感じがするこの曲大好き。

 

考えれば考えるほどよくわからなくなってくる歌詞なんですが(私の読解力の欠如)

 

「孤独ごとにしるしを付けて 届かない空へと投げつけてた」という歌詞の虚無感が

共感できて好きです。

 

 

 

 

8.脳がとろける街888

 

冒頭でも言いましたが傑作すぎるとはまさにこのことですね。

9分と長尺ですが

最初からアウトロまで飽きさせない!

 

私の中のイメージとして

最初は

「ぽつぽつと一人悲しく歩く帰り道」

途中から

「道が開けてきて希望をもって歩み出す」

みたいな印象を受けます。

 

後半に行くにつれて力がどんどんみなぎてくる、そんな感覚も覚えます。

 

歌詞の観点というよりは

メロディ、曲調の観点からこのようなイメージを受けました。

 

 

本人が意図したこと、

イメージしたことは私にはわかりませんが。

 

最後の「喉がちぎれそうな程に こうやって叫べば」

のところは、歌い方も変えていて

いつも聞くたびに鳥肌。

ライブでも毎回そうです。

 

 

ここらへんの時期からボーカルの表現力がマシマシになっている気がします。

新譜「凍狂」なんて、それが顕著に表れていますね。

 

 

 

あと、この曲の歌詞カードのみ

廣井さんの直筆(印刷)なのも泣けます。

 

なんかいろいろ喋り過ぎました(笑)

熱が入ってしまいました・・・!

 

とにかく

本当に私がこの曲を好きなことは伝わったでしょう。。。

 

 

ということで

今回は

アルバム【日本】のレビュでした!

 

最新作「凍狂」のレビューは

こちらで読めます!

ラジオで聞いた曲に込めた意味も記録してありますので

良かったら覗いてみてください。

 

 

変拍子好きの皆さまのために

ニガミ17才

ニガミ17才という変態バンド
ニガミ17才というおしゃれで変態な音楽性を持つバンドを紹介しています。最近では千鳥のノブさんや、瑛太さんも好きだと公言しており注目のバンドです。アルバムレビューもしています。

 

Kooochewsen

Koochewsenというバンド
Koochewsen(元 クウチュウ戦)というバンドの紹介です。メンバー、各アルバムのレビュー、そしてオススメのライブ映像まで一挙紹介しています。

も応援しているのでよかったら読んでください!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました