アグラのホテルアマールのレビュー

タージマハル アジア

 

こんにちは!

ももたブログです。

 

今回はインドのアグラにある中級ホテル、

「ホテルアマール」

について

実際に泊まったのでレビューしていこうと思います!

 

 

こちらのホテルは

アグラというタージマハルで有名な都市にあるホテル。

 

タージマハルまで、リキシャで10~15分という

立地は最高です。

ちなみにタージマハルの観光の注意点をまとめた記事はこちらから。

詐欺未遂に合いました。

タージマハル観光の注意点
インド・アグラにある「タージマハル」見学時の注意点、基本情報をまとめました。私が実際にあった詐欺の手口も公開しています。

 

 

ホテルアマールの評価

 

清潔感

清潔感はまあまあだと思います。

トイレなどはさびれていますが清掃が行き届いています。

ただトイレットペーパーの量が結構少ないです。

2人で1晩で普通に使い切ってしまいました。

 

洗面所や、シャワーなどの清掃も行き届いております。

シャワーは水圧もいいですし、お湯もちゃんとでます。

 

インドではちゃんとしたホテルでないとお湯が出ないので

旅をする方は念頭においておきましょう!

 

夏に旅するならいいですが、冬でお湯が出ないとなると少々きついかと。

 

 

シャワーは固定方式なのでちょっとそこの部分だけ面倒ですが

申し分ないかなと思います。

あと、水道水はちょっと変な味がしました。(他のホテルと比べて)

なので不安な方はミネラルウォーターで歯磨きしましょう。

インドの水道水は飲むと必ずお腹を壊すので

絶対に飲むのはやめましょうね!!!

 

歯磨きやうがいに使うのもためらうレベルです。。。

 

 

部屋(ベッド)の清潔感ももちろんあります。

 

 

 

スタッフの対応

とっても愛想の良い人がフロントにいらっしゃいました。

 

また割といいレートで両替できますよ!

もちろん日本円から両替可能。

 

 

 

朝食

朝食はバイキング方式。

洋風のメニューもありますし

インド料理(カレー、ナン)もありますよ!

 

オムレツもその場で作ってくださいます

またワッフルもその場で作ってもらいました!とってっもおいしかったです。

 

ドイツからの団体客の皆さまは、

カレーには手を付けず、トースト、ゆで卵とか食べてました(笑)

カレーに飽きた人でも楽しむことができる朝食です。

 

ホテルアマール 朝食

私たちはカレーを食べまくりましたけど(笑)

 

 

設備

ドライヤー あり

タオル あり

シャンプー あり(量が少ないので持って行く方が良い)

手洗いの石鹸 あり

冷蔵庫 あり

テレビ あり

ミネラルウォーター あり

Wi-Fi 一応あり

(しかし、めっちゃ遅いので私たちはポータブルWi-Fiを使用していました・・・)

 

 

歯ブラシ なし

コンディショナーや洗顔などはなし

 

一般的なホテルと大差ないです。

 



ホテルアマールの感想

 

インドのホテルの中ではいい方なのではないでしょうか。

 

 

朝食も大満足ですし

タージマハルからも近いですし、

リキシャのおじさんたちにも有名なホテルなので

ホテル名を言えば、すぐに理解してもらえます。

 

 

 

★アグラの旅行記事はこちら

【2019】インド旅行記2日目~アグラまでの列車、タージマハル、アグラ城~
インド旅行2日目の模様。ニューデリーからアグラまで列車で移動し、タージマハル、アグラ城を見学。面白いインド人と出会い、チャイと後は餡を一緒に食べました。
【2019】インド旅行記3日目〜ファテープルシークリーとタージマハル〜
インド旅行3日目のレポート。アグラから40キロ離れたファテープル・シークリーに行きました。そのあとは、川の対岸から夕焼けに染まるタージマハルを見に行きました。出会ったインチキインド人との格闘もあり。

 

★関連記事

インド旅行の持ち物について

インド旅行の際の持ち物
インドへ行く際の持ち物をご紹介しています。インド旅行で後悔しないためにも是非参考にしてください!

 

インドビザの取り方

インド大使館でインドビザを取得する方法
【2019年版】インド大使館に出向いてインドビザを取得する方法(観光ビザ)について記述しました。申請に必要な物、申請の仕方や受け取りの方法など詳しく掲載しています。

 

インドビザの証明写真の撮り方

【インドビザ用】5センチ×5センチの証明写真の手に入れ方
インドビザ用の5センチ×5センチの証明写真の撮影の仕方、印刷の仕方を解説しました。写真館、アプリで撮影し印刷、街にあるスピード写真機等の方法があります。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました