配車アプリ Grabの使い方マニュアル

Grab

こんにちは!

ももたブログです(@momotablog)

 

今回はマレーシアなどの東南アジアで使うことのできる

配車アプリGrabの使い方をご説明いたします。

このアプリを使うことで移動がぐんと楽に、そして安くなりますよ!

 

今回はそのGrabの基本知識から、使い方、メリット、注意点、実際に私が使った体験談

まですべてをまとめていきたいと思います。

 

Grabの使える国

・マレーシア

・シンガポール

・タイ

・インドネシア

・ベトナム

・フィリピン

・カンボジアなど

アジア圏では主流の配車アプリです。

 

※日本では使うことができません。

 

 

登録の仕方

まずはapp storeでGrabと検索してアプリをダウンロード。

ここまでは誰でもわかると思うので詳しい説明は割愛します。

 

こちらのリンクからも登録できます。

‎Grab: Food, Grocery, Ride, Pay
‎Grab is Southeast Asia's #1 ride-hailing app, food delivery service, and cashless payment solution all in one. Get the most convenient booking service for priv...

 

 

ダウンロードしたらアプリを開いて登録。

表示に従って入力するだけなので簡単だと思います。

 

 

電話番号を登録するとSMS認証されます。

電話番号宛てにショートメールが届くので、

旅行前、日本で登録しておくのがベター。

 

※海外だとショートメール届かないので(SIM等を使わないと届きません。Wi-Fiがあるだけではダメです!)

上記の地域へ旅行することになったら、事前に日本でGrabをダウンロード、そして登録まで行いましょう。

 

 

 

 

Grabの使い方

使い方はとっても簡単。

 

呼ぶ・待つ・見つけるの3ステップですが、

細かく説明していきますね。

 

呼ぶ

 

アプリを開くと、自分の位置がマップ上に表示されます。(位置情報サービスをオンにしておいてくださいね)

タクシーを見つけるのに分かりやすい場所で予約するといいです。

目立つものの目の前など。

 

 

「Enter Destination」(目的地を入力してください)と書かれた部分をタップ。

そこで行きたい場所を英語で入力。(〇〇 station など)

 

Grab 使い方

車の絵は、今ここにGrabのタクシーがありますよ、という印。

たくさんあることが分かると思います。

近くにあれば、それだけすぐにタクシーが来ます。

 

 

Grab 使い方

 

するとこういう画面が出てきますので

bookを押せば予約完了!簡単ですね。

 

値段もこの時点で決まるので安心です!

私はいまのところキャッシュのみで使っていましたが、クレジットカードと連携するとより便利。

cashのボタンを押すと、「支払方法を追加する」というボタンが出てきます。

通常画面の右上の「G」を押しても、カードと連携することができますよ!

 

Promoは、「Grabを使った際に貯まるポイントで割引になるサービスを使用する」の意。

使えば使うほどお得ですね!

 

ちなみに右のoptionでは、ドライバーにコメントすることができます。(任意)

人が多い場所で使用する場合など、

「○○の前で待っていますね」等の詳細な場所の指定などできます。

(note to driverの欄)

そのあとはconfirmを押せばOK。

Grab 使い方

 

するとすぐマッチングすると思います。

 

運転手の顔写真と、星の数(ドライバーとしてのランク)が出ます。

顔写真は見つけるときに参考になるので見ておくといいでしょう。

 

待つ

ただひたすら待つだけ!(笑)

ひたすらと言っても早いときは30秒、長くても3分くらいで到着します(もちろん場所によりますが)

 

ドライバーが到着したら通知がきますので、スマホ片手に待っておきましょう。

 

 

 

見つける(乗る)

通知がきたら周りを確認しましょう。

 

普通の車なので、なかなか見つけづらいかと思います。

車によっては上にGrabと書かれた緑の看板を載せている車もあります(タクシーみたいな)

 

なので片っ端から、それっぽい車の運転席を覗いて

Grabの画面を見せて「あなた?」というジェスチャーをして聞いていくしかないですね。

あとは、運転手の顔をよく覚えて、照らし合わせましょう(笑)

 

人通りや車が多く停まっているところで使うと見つけづらいかもしれません。

 

かといって動くと、予約した現在位置を確認してドライバーさんは来るので、狭い範囲内で動きましょう。

 

 

Grabのメリット

 

・現地のタクシーより安く乗ることができる

まず一番のメリットはこれではないでしょうか。

私はGrabをマレーシアで使いましたが、各段に安いです。

 

同じ道でも、行きは現地タクシーで12リンギットだったところが

帰り(もちろん同じルート・同じ時間かかったところ)が8リンギットで行けたり。

 

現地のタクシーで交渉制のところだと、観光客ということで高く吹っ掛けられますが

Grabでは目的地を入力した時点で値段が決まるので、ぼられる心配はありません。

(日本人はいいカモなので、高い値段で吹っ掛けられます。タイでもマレーシアでもベトナムでもぼられた経験のある私が言うので間違いありません!!!笑)

 

 

・トラブルがない

上記でも述べましたが、ぼられる心配はゼロです。

そして運転手の情報なども公開されているので、脅されたりなどの危険な目にも合いにくいです。

 

 

・ネット環境さえあれば、どこでも簡単に捕まえることができる

インターネットのある環境でしか使えないのは難点ですが

ポータブルWi-Fiがあれば問題はありません。




Wi-Fiさえあれば、どこでもタクシーを呼べます。

旅行に行くと、観光地が意外と僻地だったりしますよね。

個人で行くにはハードルが高い(交通の便が悪い)場所でタクシーを拾うには便利。

無敵感がありますね。

 

個人の旅行では、「最終バスを逃した!」とか、「なかなかローカルバスが捕まらない!」と焦ることも旅行中はありますが

このアプリがある安心感は半端ない。

もしポータブルWi-Fiがなくても近くのカフェに立ち寄ればWi-Fi環境がある場合もあるので

東南アジアを旅行する際は、必須のアプリだと思います。

 

しかも呼んだらすぐに来ることもメリットです。

操作も簡単なので使わない手はないでしょう。

 

・クレジットカードと連携させれば、現金を払う必要がない

クレジットカードを登録しておけば、現金で払う必要がありません。

簡単ですし、便利ですね。

 

 

Grabの注意点とポイント

・SMS認証があるので登録は日本であらかじめしておく

 

・予約した場所からなるべく離れない

 

・人通り、車が多く停まっているところは見つけづらいので注意

 

・タクシーがついてから5分まで有効。それまでに乗らないと無効になってしまします。

 

・東南アジアだと、大きいお札で払ったときにおつりを持ち合わせていないことがある。

 

 

実はマレーシアで、50RM札という大きなお札(と言っても1500円ほどです)でGrabの代金(約8RM)を払おうとしたら、

おつり無いよ!と言われてしまいました。。。崩すこともできず、小銭をかき集めた6RMで対応してくださいました。

申し訳ない思いをしたので、大きなお札は崩してから乗るか、クレジットカードと連携した方がよさそうです。

日本は1万円札で支払っても、比較的何処でもお釣りが来ますが、そんな当たり前は通用しないですね。

いくら日本人にとって少ないお金でも現地にとっては大金の可能性もあるのです。

 

Grab体験談

私はマレーシアで3度使いました。

 

1つは、上記にもあるように、大きなお札しかなかった時。

そこまで愛想の良い人ではなかったので、大きなお札を出したときは、ムッとされましたね。

でも6RMでもいいと言ってくれて本当に感謝です。。。

全然良い人でした。

 

 

2つ目はマレーシアのマラッカ中心地からバスターミナルへ行くとき。

ホテルの前で予約。とても見つけやすかったです。

ホテルの前などで予約するのはとても便利ですし、見つけやすいですね。

やさしいおじさんでした。

 

3度目は、コタキナバルのホテルから空港まで。

こちらもホテル前で予約したらすぐ来てくれて

空港に着いた時も、「マレーシア航空ならここをまっすぐ行けばつくよ!」と空港の中で迷わないように指示してくれました!

とっても優しいおじさんでした!

 

東南アジア圏では主流になっているものなので安全性は極めて高いですし、良い人も多い印象です!

 

みなさんもGrabを使って安全で快適な旅を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました