ミルフォードサウンドツアーレビュー【ニュージーランド】

ミルフォードサウンド オセアニア

 

 

こんにちは!

 

ももたブログです。

 

 

今回は

ニュージーランドの南島の都市クイーンズランドから

バスで4~5時間かかるところにある世界遺産、

ミルフォードサウンドの

ツアーの詳細をレポしていきたいと思います。

 

 

ミルフォードサウンド ツアー概要

 

集合は朝早く

近くの大きなホテルにて集合でした。

 

そこからバスで4時間半ほど。

(本当は5時間かかるようですが、バスの運転手さんが飛ばしたのでこれくらいで着きました)

 

途中、2回トイレ休憩がありました。

 

1回目は

テアナウという都市のカフェに立ち寄りました。

 

そこはお土産屋さんも併設されていますので

楽しく時間をつぶすことができますよ!

 

また

カフェの外は

ニュージーランドらしい大自然が広がっています。

 

ひつじが大量にいます。

 

 

そのあと、

山の中でまたトイレ休憩。

合計5時かかるため

たくさんトイレ休憩をとってくれました・・・!

 

個人的にはとってもありがたい。

 

 

ただ、山の中の公衆トイレなので

そこまで綺麗ではありませんでしたけど。

 

 

そして

ミルフォードサウンド到着!

 

 

かなりの大自然に興奮!

 

ミルフォードサウンドは

雨の日が多く、晴天率がとても低いのですが

私たちが行ったときは晴れました!!!

 

 

やった!

 

 

天気が変わりやすいことでも有名なので

油断は禁物。

 

クイーンズランドが晴れていたからと言って

ミルフォードサウンドが晴れるとは限らないので

(もはや全然違う地域なので)

傘、または雨具を持って行くといいと思います。

 

 

着いたらもうお昼なので

ここで昼食タイムです。

 

 

お弁当(ランチボックス)が配られましたよ!

 

サンドイッチとフルーツ。

 

なかなかおいしかったです。

 

 

昼食はみんなで食べるというよりかは

「何時からクルーズがあるから

それまで自由時間で、

その間にお弁当食べておいてね」

という感じでしたので

一人だとぼっちめしです(笑)

友達ができればいいですが・・・!

 

なので昼食の時間でお昼を食べ

ミルフォードサウンドの写真を撮って

クルーズに備えるという感じ。

 

 

 

クルーズは約2時間あります。

 

 

大自然の中を船が通ります。

あたり360度、全部山。

 

 

ミルフォードサウンド

 

壮大な景色です。

※私たちは冬(春)に行ったので

結構寒かったです。

山の上の方には雪がまだ残っていましたよ。

 

バスで4時間半かけてきたかいがありました。

 

 

アシカの大群がいたり

滝を見たり

虹がかかっていたり

 

また運がいいいと

イルカ、ペンギンなども見られるようですよ・・・!

見たかったなあ・・・

(私たちは見られませんでした)

 

 

また、終盤に差し掛かると

今まで山に囲まれていた景色が一気に開けて

水平線が突如現れます。

 

ここら辺は

波が大きく結構揺れ

ちょっと気持ち悪くなるくらいでした!

(その他は、穏やかなので気持ち悪くなりませんでしたが)

 

その日の天候や、海のしけ具合などにもよるとは思いますが

乗り物弱い方はちょっと気をつけたほうがいいかもしれません。

 

 

水平線が開けるところのみ、結構揺れました。

 

まあ揺れたんですけど

友達とキャーキャー言ってたらすごく楽しかったですけどね。

 

 

クルーズが終わったら即帰路へ。

 

というのも

帰りも4時間半はかかりますし

道が田舎過ぎて

街灯もないところを走ってきたので

早めに帰らないといけないんですね。

 

クルーズが終わって

すぐだったので名残惜しさは半端なかったです。

しょうがないことなんですけどね。

 

ミルフォードサウンドのツアーの感想

 

 

個人的には大満足でした。

 

もっと長くいたかったというのは正直ありましたが

日帰りで往復9~10時間かかるとなると

しょうがない気がしますね。

 

長くいたい、自然を堪能しまくりたい!という人は

ミルフォードサウンドに滞在するのがベター。

トレッキングなどもできて、気持ちよさそうです。

 

でも日帰りのツアーでもクルーズで十分景色を堪能できたので

全然不満はありませんでした!むしろ満足。

 

自然、クルーズはもう圧倒的です。

景色は期待していてください。

 

気をつけるポイントとしては

乗り物酔いが結構ひどい方などは酔い止めを持って行くこと

また山の天気は変わりやすいので、雨具などを持って行くことを

おすすめします。

雨の方が多いですし、

晴れたと思っても雨が突然降ったりするので

雨具はマストです。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました