ブルネイでやるべきこと8選

ブルネイ ブルネイ

 

 

こんにちは!

ももたブログです!

 

みなさんブルネイという国はご存知でしょうか?

 

最近、こんなニュースが飛び込んできました。

 

日本(成田)とブルネイ(バンダルスリブガワン)の直行便が就航!!

2019年3月5日から、ロイヤルブルネイ航空が運航を開始するそうです。

日本/ブルネイ間で初めて直行便が就航へ、来年3月から成田発着週3便
ロイヤルブルネイ航空(BI)が、2019年3月15日から成田/バンダルスリブガワン線に新規就航する。日本とブルネイを結ぶ直行便は初。双方向の旅行需要拡大が期待される。

 

日本人からもブルネイへ行く人が増えることを祈ります。

旅行の需要も増えるといいですね。

 

まあ日本人がブルネイに行くよりも

ブルネイ人が日本に来る可能性の方が断然高いわけですが…

 

そこで今回は

「ブルネイでできること8選」

ということで

ブルネイに来たら絶対にやるべきことを厳選したいと思います。

これから旅行を考えている方の参考になれば幸いです。

 

(10選紹介したかったけど、そんなにやることなかったのは内緒…)

 

ブルネイの基本情報はこちら

【アジア最後の秘境?】ブルネイの観光情報
ブルネイ・ダルサラームの基本情報・観光情報をお届け。そのほか、首都バンダルスリブガワンの観光名所や、実際に観光してみた感想なども紹介しています。

 

 

ちなみに

首都バンダルスリブガワンの特に中心地とその周辺でできることに絞っています。

というのもブルネイは電車などがあまりないため

車(またはタクシー)を持っていないと移動がきついです。

 

バックパッカーや個人旅行で来ている人は

この8つのことを行えば「ブルネイ行ったぞ!」と声を大にしていってもいいでしょう!

 

 

1.水上タクシーに乗ってみる

まずはコレ!

ブルネイ中心地にはブルネイ川が流れており

中心地と水上集落をつなぐため、水上タクシーが発展しています。

 

水上タクシーの乗車経験は

あまり体験できないことなのでオススメ。

 

しかもブルネイの水上タクシーは超高速。

スリリングなのでアトラクションとしても楽しめます。

水の上は速度規制も、信号ももちろんないので

飛ばしまくり。

 

川沿いに行けば、ドライバーから話かけられるので

そこから乗ることができます。

 

水上タクシー

右にいるのが水上タクシーです。

 

 

ただ、水上タクシーの値段はドライバーと交渉制なので

ぼられる可能性があるのです。

(お金持ち国家ブルネイなのでぼるといってもほんの少しの金額ですが。)

 

※中心地から対岸に渡るだけなら

0.5ブルネイドルが普通(地元の人に聞きました。)

私は1ブルネイドルを支払いました。(観光客ならこれも妥当かなと思います。おつりも面倒ですし)

 

最初は2ドルって言われましたけど、

「1ドル!」って言ったら、あっさり交渉成立でした。

他の東南アジアの国とは違い、しつこくないですね。

 

 

2.水上集落の暮らしを覗いてみる

水上タクシーに乗ったら

水上集落(通称:カンポンアイール)へ行きましょう!

というかそこしか行くところはないですね。

 

 

カンポンアイール

 

個人的に、

水上集落をよく見たいというのであれば

水上タクシーのドライバーさんにツアーを頼むのがいいと思います。

すると、いろんな所へ回ってくれたり、案内もしてくれるはずです。

相場は10~15ドルくらいですかね。(約1時間ほどで)

交渉制です。

 

水上タクシーに乗ろうとすると

ツアーにするか?と聞かれることが多いですね。(実際の体験として)

 

交渉が怖い方は事前に地元の旅行会社に通す方が無難かと思われます。

 

 

私の場合、「ただ対岸へ行ってほしい」と言っただけなので

対岸にある乗り場で降ろされましたが

歩こうにも、「あれ、もうここは家の敷地内では?」

という気分になり

全然探索できず終わりました(笑)

 

ちなみに自分で水上集落を周りたいという方は

その旨をドライバーさんに行って適したところで降ろしてもらう方がいいですね。

 

水上集落には学校やモスクもあるので

その近くに降ろして!とか。

 

ちなみに

水上集落を見学した後は

乗り場で待っていればタクシーが近付いてくるので

帰りのタクシーがない!つかまえられない!という事案はないので

安心してください。

(深夜は分かりませんが)

 

ここで、この水上集落に住んでいる人に

インタビューしてみたかったなあ。

誰かお願いします。

またはホームステイみたいな形でちょっと泊まってみたかった

(というかおうち見学させていただきたかった)

 

 

余談ですが、水上集落にホテル作って観光地化させたら

観光客たくさん来そうですよね。

 

3.世界に2つしかない!?7つ星ホテル「エンパイヤホテル」に泊まってみる

 

ブルネイには

世界に2つしかないといわれている

7つ星のホテルがあるんです!

 

その名も「ザ・エンパイアホテル&カントリークラブ」

 

※もう一つの7つ星ホテルはドバイにある「ブルジュ・アル・アラブ」

 

しかも

値段は1泊2~3万円ほど。

7つ星という超高級ホテルにしては安くないですか?

1泊だけでも贅沢に過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

ブッキングドットコムでホテルチェックしてみましょう!


たぶんその日1日はホテルの探索だけで終了しそうです。

 

それぐらい大きいホテル。

ゴルフコースや映画館、プール(カヤック等レンタルできるらしい)、バドミントンコートなどもあるそうですよ!

ほんと1日丸々遊んでも遊び足りなさそうですね!

 

中心部からは離れておりますので、

ブルネイを観光というよりも

ホテルを観光した方がよさそうです。(笑)

 

 

また泊らなくても

ホテルを観光する目的でこのホテルに見学に来る人も多いそう。

 

 

ホテルに滞在した方のブログはこちら

ページが見つかりませんでした

 

 

※私は貧乏バックパッカーなので滞在してません!

今度は絶対行くつもりです!!

 

 

※ちなみに私が泊ったホテルは1泊4千円ほどの中心地にあるジュビリーホテルです。

【ブルネイ】Jubilee Hotelのレビュー
ブルネイのバンダルスリブガワンにあるホテル「Jubilee Hotel」(ジュビリーホテル)のレビューを書きました。

泊った感想を書いてます。こちらもよかったら是非。

リーズナブルですよ。

 

 

 

 

4.ブルネイ伝統料理「アンブヤット」を食べてみる

日本人にとって好き嫌い分かれる料理。

ブルネイの伝統料理「アンブヤット」

 

聞いたことないよ!という方も多いと思いますので

こちらの記事をどうぞ!

 

https://trip.jima8282.com/ambuyat

日本でいう餅のようなものなんですね。

そしてそれを様々なソースにつけていただくという料理。

 

 

私はあまり餅が好きではないので(あまり噛み切りにくいものが好きじゃない)

トライは遠慮しておきました。

残しても悪いな、と思ったので。

是非複数人で行く方はトライしてみましょう!

 

正直ブルネイ料理を食べるなんて

最初で最後かもしれませんしね。

 

 

5.モスクを見学する

 

はい、やはりブルネイと言ったらモスクですね~!

 

ブルネイの中心地にあるモスクは2つ

 

オールドモスク(スルタン・オマール・アリ・サラフディン・モスク)

中心地ど真ん中なのでアクセス良好ですね。

夜もライトアップされてきれいです。

 

 

オールドモスク

小ぢんまりしていますが

モスクの周りのラグーンや、王室御座船レプリカも見学でき

ちょっとしたお散歩にはいいかも。

 

モスクの後ろには

整えられたガーデンも。

 

 

ニューモスク(ジャメ・アスル・ハサナル・ボルキア・モスク)

中心地からバスで15分ほどで行くことのできるモスク。

私はオールドモスクよりもこっちが好きでしたね。

くらべものにならないくらい大きいですし、ゴージャス。

ブルネイ観光のハイライトですね~!

 

ニューモスク

詳しい行き方や行った感想は

こちらの記事に書いてあります。

よろしければどうぞ!

【ブルネイ】ローカルバスでニューモスクまで行く方法
ブルネイの首都にあるニューモスク(ジャミ―モスク)へのバスでの行き方を紹介します。またモスク観光の注意点や感想なども紹介しています。

 

 

 

6.テングザルを見にいく

ブルネイではあまりやることがないので

やることないな~~と感じた人は

現地旅行会社を通して

テングザルを見にいくツアーに行ってみては?

 

私は観光時の夕方に

このようなツアーがあると知って

行かなかったことを後悔しました。

 

 

ブルネイはテングザルで有名。

野生のテングザルを見ることのできるチャンス!

 

水上集落のちょっと先、というかなり近場で見られるとのこと。

ツアーも2時間ほどで終わるものが多いので気軽に参加できます。

値段は65~75ドルほど(日本円だと5000円前後かな)

 

日本では動物園でしかテングザルに会えないので

野生で見られるのは貴重な機会です。

 

 

 

 

7.ロイヤルレガリアで王様について学ぶ

 

ブルネイには「ロイヤルレガリア」と呼ばれる

国王について学べるミュージアムがあります。

 

無料で入ることができます。

 

即位式で使った品物

各国からの贈り物など

膨大な量の展示があなたを待っています。

 

ロイヤルレガリア

外観もモスクみたいで可愛いです。

 

 

きらきらと輝くものばかりで

ブルネイという国の豊かさをもろに感じることができました!

 

無料ですし、エアコンガンガンに効いてますし

お土産屋さんも併設されているので

行くっきゃない!

 

お昼に行くのがいいですね。

ブルネイは暑すぎなので。

 

 

8.ガドン地区のモールでお買い物する

 

バンダルスリブガワン中心地にもモールはありますが(通称:ヤヤサンコンプレックス)

正直しょぼいです。

 

 

バスで15分ほど離れていますが

ガドン地区のモール(ザ・モール)に行くことをオススメします。

ここはかなり栄えているショッピングモールです。

 

フードコートもあり食事にも困りませんし、

たくさんのお土産、日用品も売っています。

 

中心地の「ヤヤサンコンプレックス」とはわけが違います。

(ここは、ひっそりしていて、ほとんどシャッターが閉まっているという。。。)

そこでお土産はかろうじて買えましたけどね。

 

ヤヤサンコンプレックス

ここがヤヤサンコンプレックス。

オールドモスクの手前にありますよ!

 

 

 

もっとショッピングを楽しみたいという方は

バスに乗ってガドン地区に行くことをお勧めします。

ニューモスクへの行き方

で紹介したバスと同じバスで行くことができます。(1番のバスです)

バス停的にモスクと1駅手前なだけなので

モスクへ行くついでに行ってもいいですね。

 

 

というわけで

ブルネイでできること8選でした!

 

是非ブルネイに行くときは

後悔のないよう、満喫してくださいね!

 

 

★関連記事

ブルネイのお土産、現地の人にオススメを聞いてみた

 

ブルネイからコタキナバルまで移動する方法

 

★マレーシアについて

コタキナバルのキナバル公園のツアー体験記

ブルーモスクへの行き方

ピンクモスクへの行き方

バトゥ洞窟の行き方と注意点

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ブルネイ旅行へ
にほんブログ村

コメント

  1. […] ブルネイでやるべきこと8選ブルネイのバンダルスリブガワンで観光客がや… […]

  2. […] ブルネイでやるべきこと8選ブルネイのバンダルスリブガワンで観光客がや… […]

  3. […] ブルネイでやるべきこと8選ブルネイのバンダルスリブガワンで観光客がや… […]

  4. […] あわせて読みたい・ブルネイでしたい事8選 […]

タイトルとURLをコピーしました