【2019】インド旅行記3日目〜ファテープルシークリーとタージマハル〜

ファテープル・シークリー アジア

こんにちは!

ももたブログです。

 

 

2019年1月18日

インド旅行3日目

 

いよいよ3日目突入です。

2日目にあったインド人と一緒に行動した日。

とにかくクレイジーすぎて嫌になりました・・・(笑)

 

ファテープル・シークリー

 

朝10時から、昨日出会ったインド人たちと待ち合わせ。ピザハットの前で。

インド人2人とも日本語ペラペラです。

一人は、日本に5年間住んでいて

日本語、韓国語、フランス語、英語、アラビア語、ヒンディー語がペラペラ。

そしてすごいうるさい。

 

もう一人は、ハゲていて太っている(笑)

そしてこの人がドライバーです。

 

待っていると

うるさい方が先に来ていました。

30分遅刻でハゲも到着。

「昨日飲んじゃって~寝坊しちゃった」とか言われました。

 

車に乗ってファテープル・シークリーへ。

アグラから約40キロ離れています。

 

行くとしたら本来はバスですね。

 

彼の運転によって車で1時間くらいかかりました。

 

 

その道中、アグラの中心地から橋渡ったあとぐらいがめっちゃ混沌としていて最高でした。

貧しい地域っぽいです。

 

途中で止まったかと思いきや、バラの花をくれるというサプライズ。

 

なぜかうるさい方は私に

ハゲは友達を気に入っているみたいで。

 

正直「・・・・なんか今日ヤバいな」と思いながら、ありがとうと受け取って流す。

まあバラはとってもいいにおいでいいのですが

これから観光するのに邪魔だよ、、、と思ってしまったのは内緒。

 

 

インドではバラをあげると、その人に告白した、と同じ意味で

バラを受け取ったら、それを受け入れたという意味らしい。

 

あげるときに、インドではバラは愛の象徴とか言われたけど。

愛を贈ります、とか言われたけど。

ドン引きだったけど。

 

まさかそこまできっちりした意味があるとか知らねえよ!!!

てかどうすりゃいいんだよ???

 

 

(前日もプチ口説きみたいな感じはありましたが

そこまで不快ではなかったし、前日分の記事を読んでもらえれば分かりますが

信用していたのでこの日も一緒に遊ぶことに決めました。)

 

(やっぱり日本語で話しかける人とは、仲良くならない方がいいと思います・・・)

 

(みなさんは、どんなに信用できそうな人だ!と判断しても、知らない人にはついていかないでね・・・)

 

 

しかも

I love youとか言われたし。。。

薄っぺらさに笑っちゃった。

てか前日の1日(いや半日)だけ一緒に行動してI love youってなんだよ。

日本人のこと馬鹿にしすぎ。

 

私たちがバラを受け取ったからか知らないけど

どんどんエスカレートしていき、

車の中でもしつこく、うるさい方が振り向いてきて

話しかけて

日本のポップ(宇多田ヒカルとか)を流して様子を窺われたりとかしました。

 

宇多田ヒカルの恋愛ソングとかほかの歌手の恋愛ソングとかいろいろ歌ってはご機嫌確認してきたりとなかなかのウザさでした。

興味ねえよ

 

まあ運転してもらっているので

愛想よく

適当に「すご~~い!」とか相槌しておきました

(まあこれも彼らを調子に乗らせる原因だったのですが・・・)

 

 

1時間後やっとついて

駐車場に車を止め、敷地内専用のバスに乗り込みました。

 

混みこみのバス。

となりはカナダからのおじいちゃんでした。

 

ファテープルシークリーへの入場は600ルピーほど。

 

ファテープルシークリーへ行ったら

そのうるさい方から無理矢理手を繋がれました。

しかも肩にも手を回されたり

「僕のことどれくらい好き?」とか聞いてきたり

好きなんて一言も言ってねーわ!

うざいうざい、そして気色悪い・・・・

 

 

嘘はつけないし、嫌いとも言えないので(はるばる連れてきてもらったので)

そんな質問は軽く受け流す。。。

でも、「なんで答えない???」とか

「昔の彼氏は?」「今彼氏いるのか?」とか

本当にしつこく聞いてきて

まじで気持ち悪い。

 

いや、、、、まじでなんなの。

気持ち悪、、、

もはや嫌悪感しか抱かなくなった。

 

しかも、

昨日までは4人で行動していたのにも関わらず

今回はいきなり

私とうるさい方

友達とハゲの方

に無理矢理別れさせて

2人きりで行動させられました。

 

いや、友達と観光しに来ているんですが。。。

 

インドでは、男女で遊ぶとかあまりない文化らしい。

そのくせに強引に誘われて不快でしかなかった。

 

ちゃんと観光させてほしい~~~~今思い出してもめちゃめちゃムカつく!!!

 

ちなみにハゲの人は友達の寝顔見て可愛いっていってたし

昨晩その友達が出てくるの夢を見た。とかも言っていて

まじで気持ち悪すぎて二人で震えていた。

 

それをみたうるさい方も、

私に向かって「僕もあなたの夢見ました!!」とか報告してくるし

嘘くさすぎ。

 

てか日本人だから、

きっぱり断らない性格だってわかってやってる感。

 

 

最終的にうるさい方からは

「もう彼女だよね」というとどめの一言をいただき

まじでそれだけはやめてくれ、と思ったので

必死に抵抗した。

 

「それは無理」というと

「なんで?」の攻撃。

うぜ~~~~!!!!

 

なんでじゃなくて自分で考えろよ!!!!!!!

 

まあ「好き!」とか言う分にはご勝手にどうぞ。ですけど

いやいや彼女はまじで無理。

こんな男と誰が付き合うんだよ。。。

 

 

日本に5年間も住んでおいて

なんで日本人のこと何も理解できてない。

 

 

そんなインド人に邪魔をされてムカついたけど

ファテープルシークリーはめっちゃ広いし綺麗だし、すごかった!

 

アクバル帝が建てたお城です。

アクバルは背が小さかったため天井も低めに作られています。

 

女学校があったり、

いろんな宗教を尊重して、一緒に会議する場所があったり。

アクバルは、いろんな宗教を受け入れていたんですね。

建築にもそれが表れていました。

 

連れてきてもらっといてこんなこと言うのはあれですが

普通に観光したかった・・・

ファテープル・シークリー

 

 

ファテープル・シークリー

 

(あ、ハゲが左に写っちゃってますね・・・)

 

 

女性と遊んだりする場もあり。

動物を飼っているところ、モスクもあり。

 

 

敷地がとっても広い!

 

そんなこんなで帰って

2人ともイスラム教徒で、金曜日は礼拝があるから、と一旦私たちはカフェで待機。

 

(てか、ハゲの方さ、「昨晩飲んじゃって~」って言ってたけどイスラム教は飲酒禁止なんだが。

私たちが分からないと思って言ってんのか?)

 

その後合流して

マヤという有名店でカレー食べました。

 

そこでもしつこく話しかけてきて

うんざり。

 

 

そしてそして極めつけは

駐車代、高速代、バス代(ファテープル・シークリーの敷地内のバスは建て替えてくれていた)合わせてひとり1200ルピーとかいわれて絶対ぼったくり!!!これはひどい。。。

 

しかも、

「駐車代、高速代、4人で割った値段払ってもらってもいいですか?」って聞かれたので

「もちろん」と言ったにもかかわらず

一人1200ルピー。

え???合計4800ルピーもかかったんですか?

1000000%違う!!!!!!!!

 

 

だって高速代なんてせいぜい100ルピーぐらいです。

(違う日の違う高速道路ですが、そこで100ルピー払っているのを見ました。)

 

駐車代もそんなもんです。しかも2時間ぐらいしかいなかったのに。

てか大金払ってるところ見たことないんですけど。

観光地ですが車を止めるのは現地の人のみなので

そんなにかからないと思います。

 

死ぬほどぼったくりじゃん!

怖かったので言うまま払いました。。。。

ドライブ代と思おう。。。それでもくそ高いけど。

サービス料だと思っても高すぎです。

こっちはお前らのくそみたいなセクハラに耐えたんだぞ!!!怒

 

てか1200ルピーを2人でなら分かるんですけど

1人1200て。

2人で1200も結構高いよ。。。

 

ちなみに敷地内のバスは1人10ルピーです。

ガイドブック情報。

 

あんなセクハラ行為もされて

こっちがお金欲しいわ!!!!

ふざけんな!

もう日本語をしゃべるインド人は信用にならないことがよくわかった。

たとえ日本に留学していたことがあろうとも

日本の感覚を持っているわけではなく

あくまでもインド人感覚。

 

みなさんも求愛してくるインド人には要注意。

 

日本の女子はおとなしいと思われているので。

 

まあレイプとかされなくてよかったけど。

 

しかも

彼ら、25歳と自分では言っていたけど

あれも嘘だと思う。

30代はいっていると思う。

 

てか片方ハゲて太ってるし。

しかもデリー大学出て、5年間日本に留学していて

25なわけなくない?

 

しかも宇多田ヒカルと浜崎あゆみが好きです、って

明らか同世代じゃない。

宇多田ヒカルはいいんだけど

浜崎あゆみは、最近留学したとしても好きにならないし

話題にならないだろ。

 

そいつは

「バザールでござーる!」

とか

「日韓合同W杯ありましたよね」

とか2000年代初期の話とかよくしてるし

そのころ日本にいただろ

浜崎あゆみもその時期だろ。

 

彼らの発言一つ一つを振り返ると見事に

時代が特定されていって友達と二人で

探偵みたいなことしてる私たち!と言って爆笑。

 

しかも

ハゲている方は

友達に対してお金持ちアピールしてきました。

身に纏ったマフラーを友達に見せながら「これバーバリー」

とか

写真フォルダの中の腕時計の写真を見せながら

「これ25万円、日本で買った」とか

自慢してきたんですけど。

てかそんな金あるならぼったくんなよ。

 

断られたからか?その恨みからなのか?

 

まあお金で解決できたから良かったということにしよう。

とにかく犯罪に巻き込まれなくてよかった。



 

タージマハルの裏側へ

 

そのあとは夕焼けと同時にタージマハルの裏側へ。

これもあのインド人2人と。(最初からその予定だったのでね。というかもうお金取られたからにはこき使ってやろう!という意気込み。)

今回は2人行動はなく

インド人同士、私たち日本人同士で分かれて観光できてよかった。

 

 

ヤムナー川をはさんで対岸ですね。

本当はここに黒いタージマハルができる予定だったんですよ。

シャージャハーンのお墓をたてるつもりでした。

そして白亜の宮殿タージマハルと

黒いタージマハルをつなぐ橋も作る予定だったそう。

 

そんなのができていたら

本当に一大観光都市になっちゃいますよね。

黒い宮殿も見てみたいな。

 

夕焼け絵に染まるタージマハルは超絶綺麗。

 

タージマハル

タージマハル見納め。

しかもタージマハルの公園(正面の)とは違い

人もそこまでいないので

綺麗な写真が撮り放題。

 

裏側の公園は250ルピーかかります。

でも入る価値あります。

 

また対岸の方は結構貧しい感じです。

家がボロボロです。

 

 

そしてホテルの前に送ってもらって

ウザいインド人とお別れしました。

もう超ぼったくり!!!!!!!!!!!!!!

悔しい。

 

「友達としてよろしくね」とか言われましたけど

何が友達だよ!!!

友だちに対して金とるな!!!!!

「君に振られたから、僕は一生独身」とかわけわかんないこと最後までほざいてました。

 

は??????

 

この嘘つき強欲インド人め!!!!

アグラで出会ったうるさい日本語ペラペラ男には要注意。

 

 

 

 

夜はホテルの近くのピザハットで。

夜のアグラを歩くのはとっても怖かったので

近くのピザハットで仕方なく。

 

ピザおいしかった!

ガーリックトースト、ポテトも付いてきました。

 

 

 

まぁいろいろありましたが

なんだかんだ面白いですね。

まあこれが旅の醍醐味、ということで。

 

インド旅行3日目 完

4日目に続きます。

【2019】インド旅行記4日目~長距離列車の旅~
インド旅行4日目。アグラからバラナシへ約10時間の列車の旅の模様をお伝えします。電車の中での出来事、電車の中で食べたチャイとカレー。インド人との交流。

 

★関連記事

インド旅行の持ち物について

インド旅行の際の持ち物
インドへ行く際の持ち物をご紹介しています。インド旅行で後悔しないためにも是非参考にしてください!

 

アグラで泊まったホテルはこちら

アグラのホテルアマールのレビュー
インド・アグラにあるホテル「アマール」のレビューです。 タージマハルから近いとっても便利なホテルでした。

 

インド・デリーのメトロの乗り方と注意点

インド・デリーのメトロの乗り方と注意点
インドの首都・デリーを走るメトロの乗り方と注意点を解説しています。インドのメトロでは悲劇が起ったので、みなさんにはこんな思いしてほしくないと思い書きました。インド旅行前には必ず読んでください。

 

タージマハル観光の注意点

タージマハル観光の注意点
インド・アグラにある「タージマハル」見学時の注意点、基本情報をまとめました。私が実際にあった詐欺の手口も公開しています。

 

インドビザの取り方

インド大使館でインドビザを取得する方法
【2019年版】インド大使館に出向いてインドビザを取得する方法(観光ビザ)について記述しました。申請に必要な物、申請の仕方や受け取りの方法など詳しく掲載しています。

 

インドビザの証明写真の撮り方

【インドビザ用】5センチ×5センチの証明写真の手に入れ方
インドビザ用の5センチ×5センチの証明写真の撮影の仕方、印刷の仕方を解説しました。写真館、アプリで撮影し印刷、街にあるスピード写真機等の方法があります。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました