トルコ夜行バスレポ【カッパドキアからイスタンブール】

トルコ メトロ社 アジア

こんにちは!

ももたブログです。

今回はトルコの夜行バスについてのレポです。

トルコの移動は

飛行機はもちろんですが

「バス」が主要の移動手段なのです。

どこの都市へ行くにも

バスがあるので使う人も多いのではないかなと思います。

特に多いのが夜行バスで、

節約したいバックパッカーは夜行バスがオススメ。

移動費も安いですし、

バスの中で寝るので宿泊費もかかりません。

トルコの夜行バスって安全なの?

夜行バスなんて危険そう・・・!

そう思っている方も多いのではないでしょうか。

それが、意外と危険ではないのです!

順を追って説明していこうと思います。

1.事故の危険は?

事故の危険はなかなかないように思います。

そういうニュースも聞かないですし

長距離の夜行バスでは運転手さんは交代します。

どこかの国のように、長時間ブラックな労働をさせているわけではないので

事故の可能性は低くなってきます。

もちろんゼロと言っているのではなく、

可能性は少ないという話。

また、あとで詳しく書きますが

トルコでは2時間の運転で20分以上の休憩を挟まないといけないというルールもあるそうです

(ネット情報)

そのため、疲れすぎて寝てしまう・・・なんてことは起きにくいのかな

とも思います。

また、運転手のほかに乗務員さんが1人ついているので

その点も安心できます。

2.犯罪に巻き込まれる可能性は?

途中で、警察官が乗り込んできて

現地のトルコ人に対して、身分証を提示させ、

確認をとって返却していました。

またこれも後述するのですが

トルコでは、

知らない男女がバスで隣同士になることは禁止されています。

女性は安心できますね。

また、乗務員さんがいらっしゃるので

何かあったらすぐに相談できるというのも心強いです。

そして私の体験から言うと

怖い目には合わなかったので、素直にオススメです!

他の旅行者も結構利用しています。

トルコの夜行バスの乗り方

チケット購入

チケットはバス会社の窓口で購入が可能です。

なるべく早めにチケットは取っておいた方がいいかと思います。

予約は必要ないとは思いますが、(シーズン中はどうか分かりません)

その町に着いたらすぐ、次の目的地のチケットを買うぐらいの意気込みで。

私は2日前にチケットを購入しました。

バスターミナル(トルコでは「オトガル」という)

にはたくさんのバス会社の窓口があるので

めっちゃ節約したい方は、様々な会社の値段を聞き込みして

吟味してからチケットを買うといいですよ。

と言っても差は10円、20円ぐらいだとは思いますが。

乗車の仕方

チケットを買ったら集合時間を言われるので

その5分前くらいにはついているといいでしょう。

そのバス会社のオフィス(チケットかったところ)に集合が一般的かな~と思います。

不安なら、その係の人に集合場所、時間をきっちり聞いておくことも大切です。

チケットには座席が書いてあるので

その座席に座るようにしましょう。

空いていたら席は移動できます。

実際にトルコの夜行バスで移動した結果

私は

カッパドキアのギョレメという街から

イスタンブールへ移動しました。

そのレポを書いていきます。

私が使ったのは「メトロ」社のバス。

トルコ メトロ社

バスターミナルには、このように、いくつもの会社が並んでいます。

19時45分にはチケットを購入した会社付近に集合。

20時過ぎにバスが到着。

カッパドキア、ギョレメのバスターミナル(オトガル)の中の

メトロ社の中、または近くに集合です。

しかしそのバスにいったん乗って8時45分くらいに

別のバスに乗り換えがありました。

ちょっと面倒臭かったです。

そして違うバスに乗ったら

もうそこで乗り換えは終了。

後は寝るだけですね。

バスの中は広々としていました。

トルコでは知らない男女が隣同士で座ることはよくないとされているので

座席も、そのルールに従って指定されているので

女子でも安全。

前の席とも間隔があり、足も十分伸ばせます。

シートにはテレビ画面もついています。

ただ、日本人が理解できるようなコンテンツはなかったように思います

(少なくともメトロ社のバスでは)

他に、

会社によってバスの中にWi-Fiがついているものもありますが

ここの会社は、ついていませんでした。

もう超絶暇。

寝るしかないです。

バスには、運転手のほかに必ず乗務員さんがいて

飲み物なども提供してくれます(無料)

飛行機のような感じで、

通路をワゴンで通って前の客からオーダーを聞いて

飲み物ついだり、お菓子を配ったりしていました。

コーラ、ティー、オレンジジュース、水などありましたよ。

また、

どの会社のバスもそうですが

バスにトイレはついていません。

安心できませんよね・・・

どうせ寝るんですけど。

なので結構頻繁に(3時間おきぐらい)

トイレ休憩がありました。

20分以上止まってくれるので

置いてけぼりになる可能性はほぼないです。

トルコは2時間バスを運転したら20分以上休憩しなければならないというきまりがあるらしいです

(ネットの情報)

でも個人的な体感として3時間に1回のペースだったような。

いちいち休憩の度に電気がつくので

目を覚ましてしまいます・・・

トイレの休憩では

1か所、1.5トルコリラかかりましたが

その他(他1か所しか行ってないですが)そこは料金かかりませんでした。

なるべく小銭を持っておいたほうがいいですね。

でもトイレのある場所は

夜遅くでも売店がやっていて

そこで水でも何でも購入できるので

お金を崩すこともできますよ!

トイレに紙がついているところと

ついていないところがあったので

心配な方は、ティッシュを多めに持って行くなどしておくと良いでしょう。

トイレの綺麗さはそこそこ。

そして

11時間ぐらいでイスタンブール到着です!

長いですが寝ていると割とあっという間。

それでも疲れはするので

若いバックパッカーにオススメですね。

ご年配の方は無難に飛行機がいいですよ・・・

朝7時に着く、とメトロ社の係の人に言われましたが

着いたのは9時くらいでしたw

しかも途中でグーグルマップで位置を確認したら

イスタンブールを過ぎていて焦りました・・・

遠回りして、いろんなところに寄っていたそうですが

ちょっと心臓止まりかけました。

イスタンブールは終点なので安心してください。

イスタンブールのオトガルから

メトロの駅はとても近いですが

荷物をもって階段を上がらなければいけません。

そこがちょっと大変でした。

ちなみに

オトガルから旧市街へは

赤のラインを使って

「アクサライ」という駅まで行き、

一旦改札を出て、5分くらい直進したところに

青のライン(路面電車です)に乗り換えていくと

アヤソフィア、ブルーモスク、トプカプ宮殿、グランドバザールなど

見どころがたくさん詰まった場所に行くことができるので

是非ご参考まで。

カッパドキアの関連記事:

カッパドキアのレッドツアーについて

カッパドキアのグリーンツアーについて

コメント

タイトルとURLをコピーしました