インド大使館でインドビザを取得する方法

インド大使館 アジア

こんにちは!

ももたブログです。

 

インド旅行の前に必ずしなければならないこと

「ビザの取得」

これ、かなり面倒くさいのです。

今回は、ビザの中の「観光ビザ」の取得の仕方について記述します。

 

インドビザの取得は

ころころ詳細が変わってしまうので

以前ビザを取得したことのある友達に聞いてもその時と取得の仕方が変わっている可能性があります。

 

※この情報は2018年12月にかかれたものです。

2019年頃まではこの情報は有効かと思われます。

 

 

インドビザの種類

 

まずは、ビザの種類から。

今回の記事は「観光ビザ」の取得方法についてですが、

他にどんな種類のビザがあるのかさらっと見ておきましょう。

 

 

3種類のビザがあり、

値段や取得の仕方に違いがありますので、

シチュエーションに合ったビザを取りましょう。

 

ビザ3種類

1.観光ビザ

値段:1550円

 

有効期間が180日、入国可能回数の制限、空港の制限などもなし。

 

わざわざインド大使館へビザの申請をし、取りに行かなくてはならない(郵送で申請し、郵送でビザを送ってもらう形も可能)

 

安く済ませることができますが、

手間がかかるというのがデメリットですね。

 

 

2.eビザ

値段:25USドル(約2800円)

 

 

 

ウェブ上だけで簡潔するのでとても楽。

お値段は、観光ビザと比べると高いです。

 

入国制限は2回

入国可能空港が制限されています。デリーやムンバイはOKなので、安心してください。

 

まあ代行サービスなんかよりは安いので

代行サービスを使うのであれば、こちらの方がいいかなと思います。

ただ、観光ビザもそうですが、フォームを入力する際は

英語なので、英語の耐性がないと厳しいです。

 

 

 

3.アライバルビザ

値段:2000ルピー(約3500円)

 

 

インドについてから申請するので手間がかからないので楽ちん。

到着して空港のビザカウンターで申請。

 

(その時の状況によっては、時間がかかることもありますし、

なにかあったらビザが発行されないという事態にも陥りかねないので、

ちょっと怖いというデメリットはあります。)

 

 

インドビザ取得の大まかな流れ

今回

観光ビザの取得の仕方についてお話したいと思います。

 

上記で述べた1つ目ですね。安いですが手間のかかる方法です。

 

 

大まかな流れ

必要な書類を用意する

大使館へ申請に行く

大使館にビザを取りに行く

この流れです。

 

 

順番に説明していきます。

 

 

1.必要な書類を用意する

必要な書類

・パスポート(期限が6か月以上あるもの、ページが2ページ以上残っているもの)

・イーチケットのコピー(イーチケットは回収されてしまうので必ずコピーを提出しましょう!

・インドビザ申請用紙を印刷したもの(ウェブ上でデータを入力してから印刷し、顔写真を貼る)

→ こちらのブログ で申請フォームの解説がなされているので参考にしてください!

5センチ×5センチの写真(上記の申請用紙に貼る)

→ こちらの記事で5センチ×5センチの証明写真の撮り方を解説しています。https://momotablog.com/55_pics

 

・(以前インドへ行ったことのある人は)その時のビザのコピー

・申請料(1550円)

 

東京の大使館へ申請に行く人は、これで十分です。

不安な人は一応泊まるホテルを予約した紙や

身分証(免許証、学生証、保険証など)のコピーを持って行ったほうが安心でしょう。

 

私が2018年12月に行ったときは必要ありませんでした。

(※大阪の方の大使館は身分証のコピーも必要だそうです。)

 

※返信を郵送で行いたいという方は、封筒を持ってくるようにという記事もありますが

今(2018年12月現在)、大使館で申請をして郵送でビザを送ってもらうというサービスはやってないとのこと。

 

※郵送で、申請・受取両方やることはできますが、

申請だけ大使館に出向き、受け取りのみ郵送は不可とのこと。

 

 

2.大使館に申請

東京の大使館の方で説明しますね。

大使館は九段下にあります。

午前9時から11の間に行きましょう。

その時間以外、ビザの申請は行っておりません。

 

時間が極端に短いことに注意しましょう。

土日は基本やっていません。平日に行きましょう。

他にも祝日などがあるため

公式サイトで事前にチェックしましょう!

 

こちらが公式サイト:インド大使館

 

 

大使館への行き方

九段下駅2番出口から徒歩5分です。

2番出口出たら、まっすぐ歩くだけ。

左手にこのような建物があるのですぐに見つかると思います。

武道館を過ぎたらすぐですよ!

 

 

大使館についてからの流れ

まず、

門が閉ざされていますが

門番の方がいらっしゃって、要件を聞いてから門を開けてくれるのでご安心を。

 

入り口へ行くと、

名前や電話番号、現在時刻などを記入するノートがありますので、それを記入してから中へ。

 

 

窓口があります。

銀行のように

番号札をとって、番号が呼ばれたら窓口へ行って申請するスタイル。

向かって左においてある機械から

番号札をとりましょう!

(向かって右はビザ用の機械ではないので注意!)

中はこんな感じです。

番号が呼ばれたら窓口へ行って

上記の書類を提出するだけ!

そして一緒に代金を払います。

 

※お金はピッタリもっていくのがベターです。

窓口の張り紙には、おつりのないようにお願いしますと書かれていました。

 

しかし、私はそんなこと知らなかったので

2千円出したら、その場でおつりは返ってこず、

しばらくたってからおつりが返ってきました!

ので、ピッタリ払うことをおすすめいたします。

 

そして

書類を渡したあとは

名前を呼ばれるまで待機します。

そこが結構時間かかるのです。

私は全体で1時間半ぐらいかかりました。

なので予定はキツキツに詰め込まず、余裕をもってビザ申請しに行きましょう。

 

 

3.ビザを受け取りに行く

申請時に、用紙を受け取るのですが

そこに、日付が書かれています。

その日以降ならOKとのこと。それ以降なら都合のつく日、いつでも大丈夫です。

 

私が指定されたのは、申請日から4日後でした。

一応1週間は見ておいた方がいいかもしれません。

余裕をもって申請しましょう!

 

ですが!!!

受け取る時間が決まっており、

16時から17時の間という何とも短い時間しか窓口が空いていませんので

要注意。

 

ビザの受け取りは、ほぼ渡すだけなので時間がそれほどかかりません。

申請の時と同じように番号札を取って待機します。

 

私が行ったときは、大使館の入り口で10名ほど並んでいました。

16時以降に大使館に行っても全然大丈夫ですが、なるべく早い方がいいですね。

 

早く帰りたい方は、早めに行って並びましょう。

 

ビザの受け取りには、申請時にもらった紙が必要なので

必ずもっていくっこと。

それ以外の持ち物はありません。

 

 

ポイントのまとめ

 

・5センチ×5センチの証明写真はなかなか手に入りづらいので早めに用意しておく。

・ビザ申請用のフォームも早めに用意をしておく。

・イーチケットはコピーして提出。

・現在(2018年12月)、申請は大使館で行い、ビザの受け取りのみ郵送でしてもらうことが不可となっている。

・大使館へ申請に行く際は9時から11時に行く。

・ビザの受け取りは16時から17時に行く。

・申請には2時間ほどかかるので時間には余裕をもって!

・受け取りはおおよそ1週間後。

 

 

 

大使館に出向いてビザを取る方法は安くて済みますが

かなり面倒くさいですし、普通の会社員の方であれば

なかなか平日の9時から11時、16時から17時に大使館に行くのは難しいかなと思いますので

郵送という方法を選ぶか、他のビザ(eビザ、アライバルビザ)を取得するか、またはビザの取得の代行サービスを利用するかしたほうがいいと思います。

 

 

以上です!

参考にしてインドビザを取りに行きましょう!

コメント

  1. […] インド大使館でインドビザを取得する方法【2019年版】インド大使館に出向… […]

  2. […] インド大使館でインドビザを取得する方法【2019年版】インド大使館に出向… […]

  3. […] インド大使館でインドビザを取得する方法【2019年版】インド大使館に出向… […]

  4. […] インド大使館でインドビザを取得する方法【2019年版】インド大使館に出向… […]

  5. […] インド大使館でインドビザを取得する方法【2019年版】インド大使館に出向… […]

  6. […] インド大使館でインドビザを取得する方法【2019年版】インド大使館に出向… […]

  7. […] インド大使館でインドビザを取得する方法【2019年版】インド大使館に出向… […]

  8. […] インド大使館でインドビザを取得する方法【2019年版】インド大使館に出向… […]

タイトルとURLをコピーしました