【パソコン不要!】ケーブル接続でカンタンにCD音源をスマホへ入れる方法

アイテム&グッズ

スマートホンに音楽を入れていると移動中の時間も楽しむことができるため、今ではイヤホンをしながら歩いている人を多く見かけるようになりました。

需要に伴いサブスクなどの音楽配信サービスが充実している昨今ですが、手元に形として残るCDを必ず買うという方も多いと思います。
コレクションしたり飾ったりできるのもCDの醍醐味ですよね!

しかしパソコンを持っていないと、スマホで聴くために配信サービスで買ってさらに手持ち用にCDも買って…と二重で購入することになります
私もその1人で、CD音源をどうにかして直接スマホに入れることは出来ないのか…と思い調べた時に出会ったのが今回ご紹介するCDレコでした。

操作が簡単で、機械音痴な私でもすぐに利用することができたので機械操作が苦手という初心者の方にもおすすめ
本当に簡単なので、実際にCDレコを使用して直接スマホにCD音源を取り込む方法を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

3ステップのカンタン操作

CDレコにも様々な種類やデザインのものがあるのですが、私が持っているケーブルモデルのCDレコ(CDRI-LU24IXA)の使用方法をみていきます。ケーブル接続作業は発生しますが、WiFi接続などはないのでいたってシンプルです。

1.Apple Store(Googleストア)にて「CDレコミュージック」のアプリをインストール

このマークのアイコンです!

2.付属のアダプターを電源に差し込み、スマホとCDレコ本体をケーブルで接続

アダプターを差し込むと自動で電源が入るので電源ON/OFFの操作は特にありません。
(ケーブルは本体とセットで売っています。)

こんな感じの状態になります。

3.アプリを開き、実際にCDを入れて取り込み開始→完了!

下記のような流れで取り込んでいきます!

シングルなど曲数が少ない場合は、約1分ほどで取り込みが完了。完了した瞬間、CDが自動的に出てきます。

かんたん操作だけじゃない!CDレコの魅力

CDレコはケーブルで本体とスマホを繋ぐだけで取り込めるので、パソコンいらずで難しい操作もないのが魅力的です。また起動や取り込みスピードも早いのでストレスが溜まりません。

本体も軽くコンパクトなため保管場所にも困らないのがポイントで、デザインもシンプルなため部屋に飾っておいてもお洒落な商品だと思います。
シールを貼って自分好みにデコレーションしても面白そうですね♪
私はこの1台で悩みが解決しました!

必要なケーブル等は全て付属されているので別途で機器を買う必要はありません。
またiPhoneを始めAndroidやiPadでも使用できます。価格も1万円くらいと手に取りやすいです!

おすすめ機能

最後にCDレコに搭載されていて個人的に嬉しかった機能をご紹介します。
下記の他にも便利な機能が多数搭載されているので、気になる方は是非チェックしてみてください。

■プレイリスト機能

私はユニットごとにプレイリストを作っています。

アーティストや曲のジャンルごとに自由にプレイリストを作ることができる機能。またジャケット画像や再生順も好きに設定できるので、自分好みのプレイリストを作ることができます。またシャッフル機能も付いているので、ランダムに再生される楽曲を楽しむことも可能。

■歌詞表示機能

歌い分けや歌詞追い機能まで搭載されているので、新曲を早く覚えたい時にとても活躍します!(※反映されない曲もたまにあります)外出時など歌詞カードが持ち運べなくても問題ないです。

■配信サービス等から取り込んだ曲も聴ける

CDレコ以外で取り込んだ曲(iTunes Storeなど)もCDレコミュージックで一緒に聴くことができます。1つのアプリで様々な形式で取り込んだ曲が聴けるのはとても便利ですね。

パソコンを持っていない方は是非この「CDレコ」でオタ活を快適にしましょう!

今回ご紹介した商品をチェック!

スポンサーリンク
よろしければクリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 OL日記ブログ オタクOLへにほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 ゲームブログへにほんブログ村 ゲームブログ おすすめゲームへ

アイテム&グッズ
この記事をシェアする
フォローしていただけると嬉しいです!
この記事を書いた人
ももた

オタ活/ゲーム/ゲーム実況/漫画が大好きなアラサー派遣OL。オタ活や推し活、日常に役立つ情報を中心に発信していきます。
相棒はiPad。

フォローしていただけると嬉しいです!
ももたブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました